頭がかゆいのはシャンプーのせい!?

頭がかゆい原因と理由

頭がかゆい女性の写真

頭がかゆいという経験は、誰もがありますよね。
1日に1回くらいちょっと頭がかゆいなっという人もいれば、毎日すごくかゆい!我慢出来ないという人もいます。
毎日ほど頻繁に痒くないにしても、頭がかゆくてイライラしてしまうという方は少なくないですよね。

 

ただ『痒いだけで病気ではないだろう』と、頭がかゆみを放置するのはよくありません。
そのまま放置してしまうと、頭皮にダメージを与え、髪の成長に悪影響を及ぼしますし、そして何より痒いのでイライラしがちになります。

 

なぜ頭がかゆくなるのでしょうか。
頭がかゆい原因は、1つではありません。あなたの頭が痒い理由を探ってみましょう。

 

  1. 頭皮の皮脂による汚れ
  2. 頭皮の炎症
  3. 不規則な生活習慣やストレス
  4. シャンプーの成分

 

4番目のシャンプーの成分が理由で痒くなってしまう人は多いです。
シャンプーの成分が原因の人の改善方法は非常に簡単なので治りも早いのが特徴です。

 

それでは、1つずつ頭が痒くなってしまう原因を詳しく見ていきましょう。

 

1.頭皮の皮脂による汚れ

頭皮の汚れをそのままにしておくと、頭のかゆみの原因になります。
例えば、たくさん汗をかいているのに、そのまま放置しとおくと汗が毛穴に残り、それが乾燥するとフケになり、そのまま更に放置すると頭皮のかゆみが起こります。

 

しかし、清潔にしようという心掛けは大切ですが、シャンプーのしすぎも頭がかゆくなる原因の1つになります。
シャンプーをし過ぎると、皮膚の表面を保護する(バリア機能)必要な皮脂も取り除いてしまうことになります。そうすると、頭皮は防衛本能から更に皮脂を分泌するようになるので、皮脂の過剰分泌により大量の皮脂が汗や埃と結びつき頭皮に刺激を与えて、かゆみとなって現れます。

 

頭皮の汚れへの対策

シャンプーのしすぎもよくありませんが、やはり清潔を保つことが大切です。
髪や頭皮に合うシャンプーを使って、定期的に洗髪し、髪や頭皮の清潔を保つようにしてください。

 

汗をかいた場合は、なるべく早く洗い流すことが好まれます。ただ1日に何度も洗う必要はありません。運動の後にシャワーを浴びるといった程度でOKです。
その場合はシャンプーは使用しないでおきましょう。

 

シャンプーの使用は、1日の最後、入浴の時に行うといいです。

 

2.頭皮が炎症を起こしている場合

頭皮が炎症を起こしている場合も、頭がかゆくなります。
頭皮が炎症を起こす原因として主なものは、紫外線による日焼けや、石油系のシャンプーを使用している場合、また頭皮に合わないシャンプーを使ってアレルギー反応によって炎症が起こっているということが考えられます。
アレルギー反応ではない場合でも、シャンプーの刺激が強くて炎症を起こすこともあります。

 

頭皮の炎症への対策

紫外線対策は、顔だけではありません。
頭皮もしっかりケアをしましょう。

 

特に頭の皮膚は薄く弱いです。
帽子や日傘などを使って、頭皮を紫外線から守ることが大切です。日焼けしてしまうと、海で日焼けした時と同じように痒くて仕方がありません。そうならないためにも日中の対策は大事です。

 

また、シャンプーの選び方もポイントとなります。
髪の汚れがよく落ちるという理由で使っているシャンプーが、実は頭皮にとって強い刺激を与えている可能性があります。
シャンプーの成分にアレルギー反応を起こすことは多々あります。

 

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸塩
  • ドデシル硫酸Na

 

このような成分は要注意です。後ほどシャンプー選びについては詳しく説明します。

 

頭のかゆみが続く場合、紫外線対策を行うことと、お使いのシャンプーが刺激になっていないか、成分を調べてみたり他のものを使ってみる等、試してみると良いです。

 

3.不規則な生活習慣やストレスが原因

頭皮がかゆくなる主な原因に、不規則な生活習慣やストレスも挙げられます。

 

人は、ストレスを抱えていると、心身が常に緊張している状態となり、この緊張状態が続くと防衛本能から汗をかきやすくなります。
この汗は、もちろん頭皮にもかきます。
大量に汗をかくと、それがやがて乾燥してフケとなり、かゆみが発生してしまうのです。

 

生活習慣について、睡眠不足や食生活が乱れることも頭皮がかゆくなる原因となります。
睡眠不足が続くと、体は休まらずホルモンバランスが悪くなるので、皮脂が過剰分泌することが考えられます。
食生活については、塩分の摂り過ぎや、肉類や脂質、香辛料などの刺激物を多く摂取していると皮脂や頭皮がかゆくなりがちになります。

 

ストレスや生活習慣への対策

ストレスを溜めないようにするのは、現代社会では難しいと思います。
ですから、ストレスは溜めこみ過ぎず、適度に発散させましょう。

 

趣味に没頭するのも良いですし、誰かに話を聞いてもらうのも良いでしょう。
たくさん寝るとスッキリするという方もいるかもしれません。
自分に合うストレス解消法を見付けることが始めて、上手に発散させて溜めこみ過ぎないように注意してください。

 

睡眠については、睡眠不足はよくありませんが、寝すぎることも悪影響となります。
規則正しく毎日、決まった時間に寝て、翌朝、決まった時間に起きるように、早寝早起きの生活を送る紆余にしてください。

 

食事については、やはりバランスが大切です。
例えば野菜が体に良いからと、そればかり食べていては、他の栄養が足りなくなってしまいます。
何事も『ほどほど』に、『バランス』が大切です。

 

痒みの1番の原因となるシャンプーの成分

シャンプーの成分が頭の痒みを引き起こす原因

頭がかゆい原因は、いくつもありますが、コレが最も大切なことです。
それは、『シャンプーの成分』です。

 

シャンプーで毎日綺麗に優しく洗っているのに頭が痒い!他に原因があるの?なんで?と思ったことあると思います。

 

他に原因があるのではなく、使用している市販シャンプーの成分に問題があるのです。

 

『問題のあるシャンプー』を使っている限り、頭がかゆいのは解決されません。

 

泡立ち成分が皮膚障害を招く!?

今、お使いのシャンプーは、泡立ちが良いものですか?

 

泡立ちが良いと、洗浄力が高く感じられ、しっかり洗えたような、すっきりした気分になりますよね。
もちろん、泡立ちはいいことは良いですが、その泡立ちを良くするための成分がかゆみを引き起こしています。

 

多くの市販のシャンプーには、泡立ち成分として『ラウリル硫酸ナトリウム』が使われています。
この成分ですと、しっかり泡立ちしかも製造コストを抑えられるからです。

 

しかし、ラウリル硫酸ナトリウムという成分は、厚生労働省が、“まれに安全性に問題あり。皮膚障害を起こすことがある”と定めています。
皮膚障害とは、『炎症』のことで、皮膚炎症を起こすということは、かゆくなるということです。

 

ご自身が使われているシャンプーに下記の4つの成分は含まれていませんか?

 

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸塩
  • ドデシル硫酸Na

 

これらが表記されている場合、そのシャンプーの使用は控えた方が良いでしょう。
また、ラウリル硫酸ナトリウムは、注意喚起されている成分であることから、ラウレス硫酸ナトリウムという少し刺激の弱い成分も出回っています。
これも市販のシャンプーに多く使われていますが、やはり刺激は強く頭皮トラブルのもとになりえます。

 

酸化防止剤も皮膚障害(炎症)を招く

次に注目したい成分は、液体シャンプーには、必ず水分が含まれています。
水分がないと、液体シャンプーとして成立しないので、仕方がないと思わないでください。

 

この液体シャンプーに水が含まれているということは、酸化し劣化していきます。
ですから、多くのシャンプーには『酸化防止剤(防腐剤)』が含まれています。

 

成分一覧に『酸化防止剤』と表記すると、自然派の方が見ても一目瞭然なことから、ジブチルヒドロキシトルエンやブチルヒドロキシアニソールなどと違う名前で記載されている場合ものもあります。呼び名は違いますが、酸化防止剤であり、それは添加物です。

 

これらは、皮膚障害や抜け毛、薄毛の原因、キューティクルの損傷によりツヤがなくなり、アトピーやその他アレルギーの原因に、更に発癌性のリスクがあります。

 

頭が痒くならないシャンプーの選び方

市販のシャンプーが、頭がかゆくなる原因となっていることは、その成分からわかるものの、ではどのようにシャンプーを選ぶと良いのでしょうか。

 

1つは、泡立ち成分は、何を使っているかということ、そして2つ目は、酸化防止剤(防腐剤)が入っていないシャンプーを選ぶと良いでしょう。

 

安心して使える泡立ち成分

繰り返しになりますが、シャンプーが泡立つことは悪いことではありません。
その泡立ち成分の一部が問題なのです。

 

ラウリル硫酸ナトリウムやラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naが使われていないものを選ぶようにしてください。

 

泡立ち成分として安心して使えるものは、ラウロイルメチルアラニンNaとコカミドなどのアミノ酸です。
シャンプー選びの際は、これらの成分をしっかり調べてください。

 

無添加・防腐剤不使用

水分を含むシャンプーの多くは、酸化からの劣化を防ぐために、酸化防止剤が入っています。
これが、頭皮のかゆみやアレルギーなどの原因になるので、無添加・防腐剤不使用と明記されているものを選ぶようにすると安心です。

 

おすすめな理想的なシャンプー

安心して使える泡立ち成分で、酸化防止剤不使用のシャンプーなどという、理想的なシャンプーは存在するのでしょうか?

 

それが、実在するのです。
それは『ハーブガーデン』です。

 

ハーブガーデンは、公式サイトに全成分が記載されています。
泡立ち成分には、ラウロイルメチルアラニンNaが使用されているので、安心成分であることがわかります。

 

水分には、ハーブティが使用されており、酸化防止剤を使用しなくても劣化しにくいシャンプーとなっているので、これらの面も安心して使えます。

 

ハーブガーデンは、無添加オーガニックシャンプーなので安心して使えます。

 

ハーブガーデンで、髪の土壌である地肌をしっかりケアすることで、キレイな髪が実現されます。

 

頭皮のケアにプラスα

ハーブガーデンは、安心して使えるシャンプーなのでオススメですが、頭がかゆくてお悩みの方は、ハーブガーデンの使用と、もう1つオススメしたいケアがあります。
それは『すこやか地肌』です。

 

すこやか地肌は、頭皮トラブル用の美容液です。
すこやか地肌も、無添加・無香料・保存料ゼロなので、敏感肌の方やお肌が弱い方なども安心して使えます。

 

すこやか地肌は、頭がかゆくて眠れない、年中フケが止まらない、いつも痒くてイライラする等、荒れた頭皮の悩みをお抱えの方にオススメします。

 

すこやか地肌を使って、炎症を起こす様々に要因を取り除きましょう。

 

シャンプーが合わないとフケの原因に

頭がかゆくなる原因に、【頭皮の皮脂による汚れ】の中で、少し『フケ』について触れました。
汗が乾燥して、やがてフケとなりかゆみの原因になるということですが、他にもシャンプーが合わないこともフケの原因になることがあります。

 

肌が乾燥したり、ターンオーバーが正常に行われないことで、フケが増えて頭がかゆくなる原因になるのです。

 

これらを防ぐためにも、頭皮のケアは正しく行わなくてはなりません。

 

頭皮に優しいシャンプーと、頭皮に優しい美容液の併用で、健康な頭皮を目指し、健康でキレイな髪になるよう、日々のケアが大切ということです。

更新履歴